スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルストラップほか発売告知

STA★COLLEにかしちゃんのオリジナル携帯ストラップ第5弾とDVDの発売告知が出ました

ストラップは「玉つき屋の千代さん」の初日である5月9日、DVDは5月19日より発売開始だそうです。
(DVDは18日のイベントで先行販売有り

ストラップは今回は今までのものとは違ったテイストとのことですが、写真は発売当日までお預け
DVDのパッケージが可愛いです女性誌の表紙風(笑)かしちゃん、モデルさんみたいだぁ
2月に行われた「卒業記念前夜祭」完全収録、とのことですが、噂の秘蔵写真の数々もちゃんと映ってるのかしらこれからも時々イベントなどのDVDが出ると嬉しいですね

スポンサーサイト

週末のお庭


まずは、一重のバラの代表格・カクテルが一輪咲きました

他の大量のつぼみも大分膨らんできているので、ゴールデンウィーク中には満開になるかも







チューリップも各種満開です

最近は色んな種類のチューリップの球根が売っていますよね~




こちらは都忘れ(別名:東菊)。
名前は、承久の乱に敗れて都を追われた順徳天皇が都の菊に似たこの花を見て、
   いかにして契りおきけむ白菊を
            都忘れと名づくるも憂し

と詠んだことに由来するといわれていますが、実際にこの花が栽培され始めたのは江戸時代からだそうです。
 

そして・・・

続きを読む

ウルビーノのヴィーナス

今日は会社がお休みだったので、上野の国立西洋美術館で行われている「ウルビーノのヴィーナス」を見に行ってきました

通常なら月曜日は休館日ですが、ゴールデンウィーク中ということで、今日は特別開館していたんです。そのことを知っている人が少ないのか、館内は比較的空いていて、名作の数々をゆっくり見ることが出来ました

この展示会の目玉は、チラシにもなっているフィレンツェ・ウフィツィ美術館の至宝「ウルビーノのヴィーナス」(ティツィアーノ作)この作品は、ほとんどウフィツィ美術館を留守にしたことがないばかりか、
ヨーロッパの外に出るのは今回が初めてなんだそうです!!
その他にも、古代、ルネサンス、そしてバロック初めに至るまでのヴィーナスを主題とした絵画、彫刻など約80点がイタリア各地の主要美術館から来日
副題に「古代からルネサンス、美の女神の系譜」と付けられているように、それぞれの時代にヴィーナスがどのように描かれてきたのか、その系譜をたどるのが展示会のテーマでした。

ウフィツィ美術館のヴィーナスといえばボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」が有名ですが、それはいつか本場に見に行くとして今回の私の注目は、「ウルビーノのヴィーナス」も含む、大好きなルネサンス期ゾーンラファエロの絵を思わせるような作品もあり、また絵画だけでなく服飾品、特にヴィーナスを題材に作られたカメオのペンダントがとても綺麗でした
「ウルビーノのヴィーナス」の前は、さすがに人だかり。このような”横たわる裸婦像”というモチーフは、当時の流行だったようで、他にもたくさん展示してありました。どれも私好みで、綺麗でしたよ~
それから、描かれているのがどれも神話に登場する人物で、”ヴィーナス(アフロディテ)”を中心に”キューピッド”とか”マルス”、”パリス”、”サテュロス”などなど・・・聞いた事のある名前ばかりだけど、どんな人物でどんなお話に登場するのか分からないという状態だったので、これからちょっと調べてみようかなと思っています。多分、宝塚のショーでも扱われた事のあるお話もありますよねまぁ、一番に思い浮かぶのはコムちゃんのキュートなヴィーナス役ですが

というわけで、美しいものに触れ、おいしいものを食べ(笑)、とても充実した一日を過す事が出来ました
5月18日まで開催しているので、皆様も是非いかがですか

そして、今日はもう一つ嬉しい出来事が・・・

続きを読む

かしちゃん本 続・続報(^0^)

楽天ブックスで”仮題”となっていた通り、かしちゃんの本のタイトルが変更になったようです。
これで正式決定かな

宝塚式「美人」養成講座―伝説の「ブスの25箇条」に学ぶ「きれい」へのレッスン 
                                       貴城けい/著

タカラジェンヌ式「きれい」の方法教えます
宝塚の舞台裏に「戒め」として貼り出されていた”美のプロの心得”。読んですぐ「キレイ」と「輝き」を手にできる25のヒントを、元男役トップスターが教える!(講談社・192P)

これって「ブスの25箇条」に沿って、かしちゃんの意見や体験みたいなのが語られるんですよね?
”タカラジェンヌ式「きれい」の方法教えます”を”かしちゃん式”に脳内変換してもいいですか(笑)

セブンアンドワイe-honなどでも予約受付中ですが、Luciana会員は5月のイベントで先行販売予定です参加される方はぜひゲットしてくださいね
その他にも出版に関するイベントがあるかもしれないです。もしサイン会とかあったら、会社休んででも行っちゃいそう

お稽古START

昨日、久しぶりにかしちゃんからメールが来ました
「なかなかメールできなくてごめんね」なんて、本当にメル友みたいな書き出しで(笑)・・・嬉しいなぁ

「玉つき屋の千代さん」のお稽古が始まったそうです今回のお話の舞台は大阪なので、かしちゃん、本格的な大阪弁の台詞に四苦八苦しているようですメールも何となく大阪弁を勉強中モードでした。でも、コテコテの大阪弁をしゃべるかしちゃん、可愛いだろうなぁ。
そして、バースデーイベントでは「またまた皆さんを貴城ワールドへ引きずり込んじゃいます」とのこと。相変わらず楽しいイベントになりそうだなぁ・・・私はムービー配信を待ちます・・・

以下、拍手お礼です。

続きを読む

チカちゃん、色気を語る!

『VoCE』6月号「歌舞伎×宝塚 恋の花道」のゲストがチカちゃんでした。
写真は、市川染五郎さんもちかちゃんも着物に黒袴でりりしく座っているショットメイクはCHIHARUさんです

テーマはズバリ”色気”

染五郎さん「どんな色気に惹かれますか?」
チカちゃん「私は妖しい色気に・・・かな?」
染五郎さん「謎の女性には僕も惹かれます。可愛いような小悪魔のような(略)」
チカちゃん「とらえどころのない人

ん?それってコムちゃんのことですか(爆)

染五郎「肌を露出するのが色気だと思って、形から入る女性もいる」
チカちゃん「それは違うと思う。中身です!」

チカちゃん、オフは結構露出してません?あ、もう色気を既に持っているからいいのか(笑)

「逆に肌を全然見せないからこそ見たい、というのはあります?」
なんて、何気にドキドキな質問も
チカちゃんにとって色気を出すコツ(?)は、「何色にも染まらない、でも何色にも染まれる自分でいること」だそうです。難しいなぁ
そして、「目に見えないけど、心に感じて残ったものがその人らしい色気を作ると思う。匂いとか音楽、感動・・・」とも。チカちゃんは、役によって香水をつけることもあるそうです。ちなみにトートの時はモンブランの香水だったとかPerfume万年筆で有名なモンブランですよね?香水も出してるなんて、初めて知りました。オリエンタルな感じのものが多いみたい。メンズの方をつけてたのかな?

そして、このコーナーは今回で最終回なので、チカちゃんが宝塚の男役を代表して締めの言葉を。

「私は女性が美しくなろうと思う心がすでに美しいと思う」
どこかで聞いた言葉だな・・・と思ったら、「T-style」でコムちゃんも言ってましたね

「宝塚には美を学ぶヒントがたくさんありますから、外見も中身も磨き上げるには最高の場所。ぜひ観にきてください」

私にとっては、何だかチカちゃんの後ろにコムちゃんを思い浮かべてしまうトーク内容でした

フラメンコ

「Calli」の公式ブログより。
昨日から「Calli」のお稽古に合流したというコムちゃん、今日はフラメンコのお稽古だったそうです
フラメンコスカートをはいて、スカートさばき、立ち姿、手の動きなどを確認してから、早速振り付けが
スタートしたとか。
かつて習いたいと思ったくらい、フラメンコは音楽もダンスも大好きです
すでにフラメンコが様になっていたというコムちゃん。サスガそして、コムちゃんの魔性の女ぶりにも期待大です。
ダンス&誘惑というと、「タカラヅカ・ドリームキングダム」のROSSOを思い出しますね

夢の浮橋

りとるべあ様が「夢の浮橋」について書かれていたのに触発されて、私も色々と語りたくなってしまいました

今年月組で上演される「夢の浮橋」は、『源氏物語』の最終帖のタイトルで、光源氏の死後のお話、
通称”宇治十帖”と呼ばれている部分です。
本編とあまりに雰囲気が違うので、紫式部とは別人が書いたとも言われている上、「未完」という説が
有力

今年は「源氏物語千年紀」といって、『源氏物語』が記録の上でその存在が確認されてる時から千年を迎える記念の年宝塚でもそれを意識しての上演です。
すごく楽しみですねぇ平安文学は、私の大学院時代の専門分野でした。

以下、あらすじなど。

続きを読む

かしちゃん本続報

Lucianaのインフォメーションダイヤルでもかしちゃん著「美人オーラをつくる宝塚『ブスの25箇条』」
発売の件が案内されました

ネット書店のいくつかで予約受付が始まっていますが、Lucianaではバースデーイベントでの先行販売の他にも何やらイベントがある模様
発売日に確実にゲットする為に予約ボタンをポチっと押しそうになってしまいますが・・・もう少し様子を見た方がよさそうですねあ、2冊購入という手もあるかいやぁ~かしちゃんのこととなると出費を惜しまない自分が怖いですわ

芸能人の本出版に際してのイベントというと、サイン会やトークショーなんかが思い浮かびますが、発売日はかしちゃん公演中ですし、イベントする余裕あるのかなぁ

TCA PRESS 5月号&情報

TCA PRESS 5月号にコムちゃんの記事も載っているようです→TCAピクチャーズ

かすかに表紙に「朝海ひかる」と見えますね早速GETしようと思います
(ただ、職場の近くの山野楽器は置いてある時とない時があるんだよなぁ~

たんぽぽさんによると、撮り下ろしのオフ写真やインタビュー記事があり、まもなく発売の写真集に関するコメントもあるようです

<追記>
TCA PRESS 5月号ゲットしました。コムちゃん、可愛いです直筆サイン入り写真集のプレゼントもありますよ~
そう言えば、SANKEI EXPRESSのブダペスト編を読んだのですが、「オーストリアからの国境越えに際して列車の中で入国審査がを受けた」とあります。実は2007年12月21日から、旧東側諸国もシェンゲン条約に加盟したことによって、オーストリアとハンガリーを結ぶ国境の通過は自由化されたんです。(パスポートにスタンプを押してもらえなくなるのは寂しい)もしかして、コムちゃんが旅行したのはそれ以前なのかな

続きを読む

ロミオとジュリエット
訪問者数
プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥

名前:飛鳥
観劇(主に宝塚)、歴史、旅行をはじめ多趣味です→自己紹介


ご贔屓
水夏希さん、音月桂さん
貴城けいさん
坂本龍馬さん、新選組さん
堤真一さん、上原浩治さん
チョ・ソンモさん

コメント頂けたら嬉しいです

訪問先
リンク


リラックマのお部屋
お気に入り記事
オススメ商品
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。